遺産相続・相続人の範囲
相続のお悩み|名駅
名古屋市中村区の税理士法人エスペランサへお気軽にご相談ください。名古屋駅徒歩5分。
http://esp-z.com/

相続される人

人が亡くなるとその人の財産には相続が発生します。

相続とは人が亡くなった場合にその方が所有していた不動産や預貯金など、 被相続人が生前に持っていた全ての権利や義務が、被相続人である子供や 配偶者である夫や奥さんに引き継がれることです。 亡くなった人の財産を誰がどの程度引き継ぐのかを定めているのが民法で、 民法の中では誰がどの割合で遺産の権利や義務を引き継ぐのかということを 事細かに規定しています。

続きを見る

相続人の範囲

相続人の範囲や法定相続分は民法で定められています。

相続人の範囲は、死亡した人の配偶者は常に相続人となり配偶者以外の人は 次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。 第1順位は死亡した人の子供で、その子供が既に死亡している時はその子供の 直系卑属である子供や孫などが相続人となります。

続きを見る

相続人が亡くなっている

本来なら相続人になる人が亡くなっている場合はどうなるのでしょうか。

相続人がすでに亡くなっている場合は2通り考えられます。 1つ目のケースとして、相続人の亡くなった日付が被相続人の亡くなった日付 よりも前なら、代襲相続となり相続人の子供が代襲相続人になります。

続きを見る

具体例

相続人と相続する遺産を具体的に解説します。

ある方が現金3,000万円を残して亡くなったケースで考えてみましょう。 わかりやすいよう相続財産はこの現金のみと仮定し、法律ではどのように分配 するのかをみていきます。 亡くなった被相続人には配偶者の妻と長男・長女の2人の子供と、 父母と弟が1人いるとします。

続きを見る

PR 鈴木税務経営事務所 相続サイト
http://my-souzoku.com/
名古屋市名東区名東本通3丁目49番地 メートービル20F
相続税のご相談:0120-3039-04(日・祝除く)